ThinkPad T530 レビュー (2)

今回は、ポインティングデバイスとWEBカメラ、指紋認証リーダーについてです。

ポインティングデバイスは、X230と同様、トラックポイントとタッチパッドの2種類が装備されています。

トラックポイント

トラックポイント

トラックポイントは、キーボードから手を移動させなくても、マウスカーソルが移動できるので、便利です。
中央ボタンが装備されているので、スクロールも簡単です。

ただし、マルチタッチのような複数の指示が必要な動作はできません。

タッチパッド

タッチパッド幅

タッチパッド奥行

タッチパッドのサイズは、幅約76mm×奥行約45mmです。
ドット模様が付いているので、移動方向や移動量がわかりやすくなっています。

マルチタッチ対応なので、拡大・縮小やスクロールが直感的に操作できます。

手の移動距離は多少ありますが、汎用性の高いタッチパッドは、無意識のうちに使いこなすことができます。

トラックポイントとタッチパッドは、どちらが優れている、ということよりも、どちらも生かして使いこなすことがスマートですね!

内蔵カメラ

720pカメラ

写真左側の丸い部分は、720pのWebカメラが搭載されています。
Skypeやmessenger、Lineなどでテレビ電話ができます。

Windows8のカメラアプリで、明るさやコントラストを調整して、きれいな画質で通信でします。

なお、写真右側の白く光っているものは、ThinkLight® です。キーボードを照らしだします。

指紋認証

指紋リーダー

指紋リーダーが搭載されています。

指紋認証待機状態

スリープ状態からの電源ONや、ログイン時の認証に利用できます。

ビジネスでの使用が前提なので、セキュリティ対策機能が充実しています。

例をあげると・・・
インテル® vPro™プロセッサーを搭載しているので、PCの個体管理ができます。
インテル® アンチセフト・テクノロジーに対応しているので、機密資産の安全確保に役立つ組込み型のセキュリティー機能を使用し、盗難が発生した場合に、保持しているデータの漏えいを防ぐことができます。
インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーに対応しているので、セキュリティー・レベルの向上と不正アクセスの防止に有効です。

(続きます)