ThinkPad T530 レビュー (1)

前回のThinkPad X230に続き、今回もレノボさんのご厚意で試用する機会を頂きました。
ハイパフォーマンス・モバイル、と謳われている、ノートパソコンです。

今回は、概要とキーボード、液晶パネルのレビューです。

ThinkPad T530

概要

15インチクラスのノートパソコンで、主に据え置きで使い、たまに持ち運ぶ、といった用途で使うことを想定されています。
ThinkPadの中では、中心的な機種になります。

試用したT530(2394-2XJ)パソコンのスペックは、

CPU:インテル® Core™i7-3520M
メモリ:4GB
HDD:500GB
グラフィックスチップ:NVIDIA NVS 5400M Optimus グラフィックス (1GB)
OS:Windows® 7 Professional with Service Pack 1 (SP1) 64ビット 正規版

グラフィックスチップを搭載していますが、ゲーム用のGPUではないので、過度な期待はできません。しかし、CPU内蔵のHD4000より高速です。
寸法は 372.8×245.1×31.8-35.6mmなので、A4サイズというより、B4サイズに近いと思います。

重量はカタログ表記は約2.68kgですが・・・

2584g

2584gで、約100g軽いようです。

先日、X230を使用していたこともあって、大きな画面になった、ということが最初に持った印象です。

キーボード

T530キーボード

キーボードはX230と同様な配列で、防滴下キーボードになっています。
キーピッチ19mm、ストローク約3mmも全く同じです。

15インチノートは、ほとんどがテンキーがありますが、T530にはありません。
キーピッチを大きくとるために、あえてテンキーを外した、と考えるのが自然かな、と思います。

キーボードの印象は、X230と全く変わりなく・・・。
とても打ちやすいキーボードです。

液晶画面

T530フルHD液晶

さすがに15.6インチのフルHD(1920×1080ピクセル)液晶画面は、かなり広く使うことができます。

細かい文字はちょっと・・・という、アラフォー世代には、文字サイズを125%に拡大すると、WXGA(1366×768ピクセル)程度の文字の大きさになりますが、イメージなども拡大されてしまうので、輪郭がぼやけたように見えるものもあります。
ちなみに、標準状態では125%に設定されています。

液晶パネルの視野角は・・・

T530 液晶 左から T530 液晶 右から

かなり広い角度で色が変化することなく見ることができます。

反射がほとんどないノングレアパネルなので、光沢感はありませんが、長時間見ていても疲れにくくなっています。

手持ちの動画をFullHDで再生しましたが、自然な鮮やかさで、記憶色に近い印象です。

入力しやすいキーボードと、自然な発色のFull HD液晶パネル・・・
業務だけに使うのはもったいない!って思っちゃいました。

(次回に続きます)