ThinkPad X230 レビュー (3)

2回目に引き続き、ThinkPad X230のレビューで、今回は最終回です。

今回は、そのほかのハードウェアと総合的なパフォーマンスについて紹介します。

指紋リーダー

ビジネス用のモバイルノートなので、セキュリティに有効な生体認証である、指紋リーダーが付いています。

指紋リーダー

指紋の登録は非常に簡単です。
指紋リーダーの設定をコントロールパネルから起動します。
あとは、認証に使用する指を選択して、
何回か指紋リーダーを同じ指でなぞるだけで、読み取った指紋が登録できます。

電源ONも指紋で可能ですし、同時にWindowsにログインすることもできます。

X230のキーボードを照らす、LED照明があります。

手元ライト

薄暗い中で、手元が照らされ、便利です。

照明範囲

キーボードは防滴下キーボードになっています。

水抜き穴

きちんと、水抜き穴が開いています。
借り物なので、実際に試すことはしませんでしたが、コーヒーを誤ってひっくり返しても、最小限の被害で済むように対策されています。

樹脂のように見える外装も、マグネシウム合金を使用しているので、軽くて意外に丈夫です。

マグネシウムボディ

猫の足裏からヒントを得た、耐衝撃インシュレーターで、手を離してから本体が卓面に着地するときの振動を低減します。

衝撃吸収インシュレータ

総合的なパフォーマンス

ハードウェアのことばかりに傾いているのですが、
ソフトウェアのことにもちょっとだけですが触れておきます。

Microsoft Officeは、標準では付属しません。
ある程度の規模になると、Volume Licenceという契約になるので、あらかじめインストールされていると
余分にライセンスが増えてしまうので、ないほうが都合がよいのです。

個人や小規模ユーザーであれば、別途購入しなければなりません。
また、Office 2013以外のバージョンをインストールする場合には、外付けの光学ドライブが必要です。
Office 2013は、インターネット経由のインストールなので、インターネット接続できる環境が必要です。

持ち運びに関しては、市販の汎用キャリングケースに入れて、PCバッグに入れてみましたが、重量級ノートPCしか持ち歩いたことのない私には頼りない感じがする軽さでした。
実際に持ち歩くことを想定した装備は、以下のとおりです。

  • ThinkPad X230 本体
  • ACアダプタとACコード
  • マウス

普段持ち歩いているのは15.6インチで約2.8KgあるノートPCなので、本体だけでも半分以下です。
ACアダプタもそれなりに大きいので、なおさらです。

ポケットWi-fiなどの無線ルーターを使えば、どこでもインターネットにつなげるので、利用範囲が広がります。

3回にわたってThinkPad X230のレビューを書きました。
性能としては、特に不満のないものなので、持ち歩くために1台欲しくなっちゃいます。

ThinkPadロゴ