インクカートリッジでトラブル

年末のプリンターがフル稼働する時期ですね。

今回は、互換インクカートリッジを使っていて、意図しない不具合が出てしまった、

という事象です。

インクカートリッジ

お客様のところで、印刷すると黒が出ていない、ということがありました。

私も互換インクはよく利用していますが、今回のような不具合に、
初めて遭遇しました。

 

たまに、カートリッジが認識できない、ということはありましたが・・・。

 

互換インクの中には、インクが空になったらどうするか、で2通りの種類があります。

・純正インクのようにカートリッジを交換するもの
・カートリッジに、詰め替え用のインク液を補充して再利用できるもの

今回は後者のカートリッジでした。

 

パソコンやプリンタで表示されるカートリッジのインク情報では、
満タンのインク残量になっているのですが、

実際には

残量ゼロ = 空っぽ

になっていました。

 

実際にインクがないのに、プリンタの認識は満タン、なんてことがあるのは、
補充して使うことを目的としているため、インク残量が正確に出ると、
補充後に使えないからです。

 

お客様に新品のインクカートリッジを用意していただき、新しいカートリッジに
交換しました。

 

ノズルチェックパターンがきれいに印刷できることを確認して、
テストプリント・・・。

無事にきれいに印刷できました。

 

 

お客様には、「どうにか年賀状が間に合いそうです。」と、喜ばれました。

 

私も、喜んでいただけてホッとしました。