単焦点レンズを使った撮影講習

投稿日: カテゴリー: お仕事パソコン教室写真教室趣味

私の妻は、普段はキットレンズと言われる、デジタル一眼レフカメラとセット販売されているレンズを、絞り優先(AまたはAv)モードで撮影しています。

まあ、可も不可もなく、それなりに使いこなしています。

その程度のスキルの妻が、

「もっと前後をボカした写真が撮りたい」

と言っていたので、単焦点レンズを使った撮影の講習をしました。

講習といっても、講義は5分くらい、あとは実技。

D80 + 35mm F2.5

私の手元にある単焦点レンズは、1本だけオートフォーカスのレンズですが、他はすべてマニュアルフォーカスでしか使えません。

デジタル一眼レフカメラのニコンD80と、マニュアルフォーカスのニコンレンズシリーズE 35mmを使いました。

このカメラとレンズの組み合わせでは、カメラの露出計が機能しないので完全なマニュアル撮影です。

今回のマニュアル撮影は、ピント、絞り、シャッター速度を自分で決めて、撮影しなければなりません。

幸いなことに、ピント合わせはD80のAFセンサーが有効なので、少しは楽ができます。

絞りとシャッター速度の調整は、あらかじめ私が指示して、撮ってもらいました。

夜間だったので、感度を800から1600まで上げていました。

最初は、どうやって露出を合わせてよいのか、迷っていたようですが、

自分の撮ろうとするイメージをあらかじめ決めて、露出を調整する、ということに気が付いたようです。

妻の撮影した写真は・・・。

おみくじ

お焚き上げ

お手水

まあまあ、手ぶれすることもなく、きれいに撮れています。

こういった、デジタル一眼レフカメラの撮影に関する講習も、随時しています。

ご希望のかたは、お問合せフォームから、お問い合わせください。